ホーム » *~協会webだより~* » 長期インターン生を受け入れました

日本外交協会の法人会員
(50音順)

協会だより

長期インターン生を受け入れました

ものつくり大学から、インターンの学生を2ヶ月間、日本外交協会に受け入れました。中国の大連出身、総合機械学科2年生の程植威さんです。スポーツカーが好きで、将来は自動車産業で働きたいという夢を持っている程さん。車好きということを見込んで、海外援助事業で国内保管している消防車や救急車の管理サポートと、海外向けの広報資料の作成、発送など、6月から8月の時期に必要なタスクをお願いしました。

※ものつくり大学:http://www.iot.ac.jp/cgi-bin/index.cgi

 

機械やデジタル対応に強い程さんは、日本語の理解に時間はかかっても、いったん課題を理解すればきちんと消化して、業務ならではの複合機の操作を覚え、MSワードやMSエクセルの新しい機能を身につけながら、日々の仕事に取り組んでくれました。慣れてくると自ら工夫を凝らしたり、前向きな提案をしにきたりする余裕も出てきました。

ものづくり産業ではない日本外交協会ですが、大学のインターンシップの趣旨には、「社会人としての基礎力の向上」があります。限られた時間の中で課題に取り組み、成果を上げる。程さんもこの2ヶ月の間に、課題解決型の業務を十分に体感してくれたものと思います。

留学生である程さんにとっては、日本の法人で働くこと自体が国際交流であり、異文化体験になります。大学での単位取得にとどまらない大きな経験となったことを願っています。

事務局長 寺田恭子

日本の職場ならでは?「暑気払い」も体験


コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ログインステータス

公益財団法人JKAの平成28年度補助事業
として「開発途上国における防災技術分野の
人材育成と国際交流の推進」
を実施しました。