ホーム » 協会の歩み

日本外交協会の法人会員
(50音順)

協会の歩み

 

1947年「社団法人民主外交協会」発足
名誉会長 尾崎 行雄 (衆議院議員)
会  長 松岡 駒吉 (同)
副 会 長 田川 大吉郎 (同)
理 事 長 森戸 辰男 (文部大臣)
1974年会長に 椎名 悦三郎・元外務大臣、自由民主党副総裁 が就任
理事長に 内田 藤雄・元駐西ドイツ大使 が就任
主催講演会を全国規模に拡大、毎月数回開催
1976年より、講演録「Civil Diplomacy」シリーズを発行
1980年「社団法人日本外交協会」に改称
会長に 稲山 嘉寛・第5代経済団体連合会会長 が就任
機関誌「民主外交」の発行を開始
地方支部を開設
1983年サンフランシスコ講和条約発効30周年を機に、事業拡大
「全国学生国際問題論文コンクール」を外務省と共催
  (1998年より外務省主催)
「1日外務省」を外務省と共催
機関誌「外交と文化」(講演録)を発行 (~1989年)
国際機関を通じた「難民救援食糧援助事業」 を開始
1988年会長に 安倍 晋太郎・元外務大臣、衆議院議員 が就任
海外安全支援事業「海外進出企業の安全対策シンポジウム開催」
「海外安全FAX情報」提供を受託
「国際開発コンサルタント業務に関する懇談会」設立
1992年「ジュニア大使」・「青年交流」等、青少年交流事業開始
1993年会長に 稲葉 興作・東京商工会議所会頭 が就任
理事長に 鹿取 泰衛・元駐ソビエト連邦大使 が就任
外務省委託「国別・海外安全情報サービス」事業開始
1994年「在外公館巡回エンジニア」プロジェクト開始
1997年設立50周年
「リサイクル援助事業」開始
1998年理事長に 坂本 重太郎・前駐スペイン大使 が就任
1999年会長に 綿貫 民輔・元衆議院議員議長 が就任
2002年社団法人国民外交協会を併合
機関誌を「日本外交協会報」として刷新
2008年会長に 平沼 赳夫・衆議院議員 が就任
2011年理事長に 池浦 泰宏・
前日本外交協会専務理事、元毎日新聞社 が就任
2013年一般社団法人となる
2015年「人材育成・交流事業」開始
2016年「講師派遣事業」開始
2017年設立70周年
7月 会長に 高村 正彦・自由民主党副総裁 が就任
2019年3月 『日本外交の150年――幕末・維新から平成まで――』を出版
2020年池浦理事長死去。新理事長に 辻 優・元駐オランダ大使が就任

SPJD