タジキスタンの印象 | 日本外交協会

ホーム » 海外活動支援 » 派遣者経験談 » タジキスタンの印象

日本外交協会の法人会員
(50音順)

タジキスタンの印象

昨年末に約2カ月弱の短い期間でしたがタジキスタン共和国の在日本国大使館に在外施設の設備営繕のため派遣されました。
その間の私なりに感じたタジキスタン共和国の印象を記載しました。
国土全体の80%はパミール高原が占める冬夏の寒暖差の大変大きな高原地帯です。私が過ごした11月から12月は日本の冬の天候で、12月中旬には雪が降り道路や歩道は氷つき日本の冬よりも厳しい寒さでした。赴任中の土曜・日曜日は休暇でしたので、宿泊施設の近隣を散策出来ました。
仏教伝来のシルクロード時代の雰囲気漂う市場は散歩コースには最適で、タジキスタンの庶民生活を想像出来ました。
宿泊施設からは、うっすら雪化粧した美しいパミール高原の山々を見る事ができました。在タジキスタン日本国大使館は市中心部の立地条件の良い場所に位置し、周辺には電気製品小売店・旅行会社・飲食店や国立劇場(バレエ劇団拠点)などが並び大変閑静な街並みでした。機会があれば、次回は旅行で行きたいと思います。

web IMG_2680

web IMG_2649
以上