ホーム » 国際協力・援助 » 人材育成・交流

日本外交協会の法人会員
(50音順)

人材育成・交流

Human Resource Development

開発途上国では、特に、人材の育成・専門能力の向上が国の発展に大きく寄与します。モノが不足していて、それが無いと能力が発揮できないということと、研修などで能力を磨いても、実地に移すためのモノが無い、という悩みは、どちらが先とはいいがたい悩みです。

当協会のリサイクル支援事業で提供した車両・機材についても、個々のケースで、先方の要請に応えて短期研修を行ってきました。しかし、より包括的な人材育成はやはり必要です。

そこで、

2015年度より、研修を中心とした人材育成プログラムを開始しました。過去に寄贈した車両がまとまった台数になった国で、より効果的な機材の活用と、メンテナンス能力の向上を目指し、日本から専門家のチームを派遣して研修を行います。教える側も参加する側も、同じ専門分野のプロフェッショナル同士です。相手の国の文化や制度を尊重しながら、国境を越えた技術交流の機会にもなります。

2015年度は、以下の国々で、研修を行いました。

「開発途上国における防災技術分野の人材育成と国際交流の推進事業」

ラオス人民民主共和国(2015年10月) Lao People’s Democratic Republic

ミャンマー連邦共和国(2016年2月)Republic of the Union of Myanmar

ザンビア共和国(2016年3月)Republic of Zambia    

3カ国共通、お揃いのTシャツを作成(ザンビア)

揃いのTシャツを作成しました(ザンビア)

Tシャツでポーズ(ミャンマー)

Tシャツでポーズ(ミャンマー)

Tシャツデザイン(Webサイト用)

 

RINGRINGproject KEIRIN

この事業は、公益財団法人JKAの平成27年度補助事業です

国際援助・協力のTOPに戻る