ホーム » *~協会webだより~* » 南太平洋バヌアツ国へ消防車を寄贈

日本外交協会の法人会員
(50音順)

協会だより

南太平洋バヌアツ国へ消防車を寄贈

羽田からオーストラリアのシドニーを経由し約15時間、在フィジー日本国大使館平成28年度「草の根・人間の安全保障無償資金協力」によりバヌアツ共和国首都ポートヴィラにあるバウアーフィールド空港へ寄贈した大型化学消防車の取り扱い研修を行っています。

研修に望む空港消防士達

同空港は大戦中に米軍が建設し現在ではバヌアツの観光業に不可欠な国際線の玄関口となっていますが、その防災能力に必要な消防車が不足し、日本へ支援を要請していました。

ターレットからの放水

車両は成田国際空港㈱より譲渡を受け、ポンプ及び足回りの整備を経て昨年12月末に輸出したのもので、12000Lの水と800Lの泡を積み、航空機火災に特化しています。車両上部のターレットからは1分間で最大6000Lを放水でき、また40トンもの車体で時速100キロメートル近くまで数十秒で到達できるパワーが最大の特徴です。日本の中古消防車がバヌアツの空港の安全を支えます。

ホースの取り扱い

海外援助事業 主査 森田千博


コメントする

ログインステータス

ログインしていません。

公益財団法人JKAの平成28年度補助事業
として「開発途上国における防災技術分野の
人材育成と国際交流の推進」
を実施しました。